人工毛植毛について

AGAを治療するための有名な方法は、一般的に二つ存在することを知っておく必要があります。一つは、AGAを治療するために男性ホルモンを抑制する薬を使う方法です。もう一つは、植毛による療法でこの療法には自毛を用いた方法と人工毛植毛と言って人工的な毛髪を利用した方法の二つが存在します。近年では、特に自毛植毛が利用されていますが人工毛植毛によっても増毛効果を期待することは可能なので人気です。
そもそも、増毛をする際にお金に余裕のある人は自毛を利用した植毛手術を行って発毛効果を期待します。ただ、自毛の植毛手術をする際には数十万円以上のお金が必要になることがほとんどであるので、お金があまりない人にとってはこうした手術を積極的に利用していくことは難しいといえます。そこで、自毛ではなく人工毛を利用した人工毛植毛でできるだけ費用を抑えながら髪の毛を増やしていく方法が考えられたのです。
従来までのAGA治療における人工毛植毛の大きな悩みには、ヘアスタイルを自由に決めることができないというデメリットと頭皮に対する負担が大きいというデメリットがありました。人工毛を利用した増毛手段としては真っ先にかつらや移植手術が考えられますが、かつらはすでに出来上がった髪の毛を頭に覆いかぶせるように利用するものであるため、ヘアスタイルを自由に変えることができるわけではありません。人工毛を直接的に移植したとしても頭皮に対する負担が大きいので現在ではこの方法は禁止されていることが大半です。AGAの対策として利用できたとしても、仕上がりが悪いのでは意味がないので近年では新しい形の植毛による療法が考えられています。
近年では頭皮に覆いかぶせるような形のかつらや単純な移植手術ではなく、人工毛髪をたった数本だけ利用した植毛法が開発されました。本来、人工毛は薄毛になっている部分を隠す目的で使われますが、新しい方法では残っている髪の毛に人工毛を結びつけることによって、薄毛の部分の髪の毛を多くあるように見せることができます。薄毛の部分に髪の毛を結んでいくだけなので、結ばれた人工毛は自毛の延長部分として見せるができます。
この髪の毛を利用することでヘアスタイルを自由に作っていくことができます。また、自毛に直接結びつけていますので地肌から出ている髪の毛に対して不自然な違和感を覚えることもありませんし負担もありません。人工毛を利用するとどうしても髪の毛の仕上がりが不自然に見えてしまいますが、こうした単純な人工毛を数本利用するだけでそうした不自然さを治すことができます。
AGA治療として利用される植毛による療法の中では価格も非常に安く、自毛移植と比較すると十分の一程度の費用で髪の毛を増やすことができます。寿命も長くて頻繁にメンテナンスを行わなくても、そもそも自毛の寿命がやってくると結んだ自毛と一緒に人工毛も落ちていきますので後処理も非常に楽です。AGA治療の際に頭皮に余計な負担をかけないので、理想的な植毛手段の一つだといえます。

自毛植毛について

自毛植毛による療法は、AGA治療の中でも最も有名な治療方法です。医学的な観点からでも自毛植毛による療法は効果が高いことがわかっており、実際にAGAを治療するための学会が自毛植毛の有効性を認めていますのでその効果に疑いようの余地ははありません。
自毛植毛というのは、AGA治療のために開発された植毛による療法の一つで身体に対して最も負担の少ない手術のことを言います。多くの男性を悩ませている薄毛の症状は、大半の場合でその症状の原因を特定することが可能です。もちろん、中には特定をすることが困難な症状がありますがむしろそうした症状は稀であってそうした症状に悩まされている場合には専門外来に相談することで薬を貰ったり相談に乗ってもらうことが出来ます。原因を一つに特定することが出来ない円形脱毛症はこの典型的な例だと言えるでしょう。そうではなく、日常的な生活をしていてよく見かけられる薄毛の症状には特定できる原因が必ずあります。そして、男性の場合はこうした原因の大半は男性ホルモンに由来するところが多く、これをAGAと言います。
男性ホルモンは、強い身体を作るのに必要不可欠な体内の分泌物で多く分泌される ほど骨や筋肉をより強く形成していくことが可能です。女性であっても男性ホルモンが多いと髭が濃くなったりすることもありますので、男性の肉体をより男性らしく昇華させる非常に有能な物質と言って間違いありません。しかし、一方でこの物質が体内に分泌されすぎているとAGAの原因になってしまうことも医学的な研究結果で証明されています。男性ホルモンは、蓄積されると毛乳頭に対して悪影響を与えるDHTという特殊な物質を生み出します。体内から髪の毛の薄毛を促す作用が働いてしまいますので、これを治療するためには専門的な治療を行わなくてはなりません。そして、そのために考えられた効率的な手段が自毛植毛という患者の頭皮に残っている髪の毛を利用する手術なのです。
AGAを治療するために自毛植毛を行う際には、移植する毛髪にAGAのこうした抜け毛の症状に対して耐性を持っていなくては意味がありません。この耐性の条件としては男性ホルモン受容体が存在しないことが求められます。耐性がない髪の毛を移植したとしても、移植された髪の毛は定着せずにすぐに抜け落ちてしまいます。移植する髪の毛は抜け毛の作用に対して非常に強い後頭部の髪の毛を使うことが一般的で、だいたい1500株程度のドナーを採取します。株というのは、髪の毛をいくつかにまとめた単位のことを意味しますので1500株程度のドナーがあるとかなり広い面積でAGAであったとしても薄毛を治すことが可能になります。こうして移植された髪の毛は順調に成長していき、本来の毛髪の脱毛作用が確認された後に発毛が開始します。
大切なのは、抜けた髪の毛の後に発毛効果が見られるかどうかなのできちんとその点を確認しなくてはいけません。