昔は、「ハゲ」で悩むのは、中高年の男性だけというイメージでしたが、最近は若い男性でも男性型脱毛症(AGA)に悩まされたり、日本臨床医学発毛協会の調べによれば、現在日本国内では、およそ300~600万人もの多くの女性が、薄毛や抜け毛に悩んでいると言われています。なかでも、女性のAGA(FAGA=FemaleAGA)が原因での悩みは、非常に増えています。FAGAとは、女性男性型脱毛症のことで、男性の男性型脱毛症(AGA)と少し似た症状が起こる薄毛のことを言います。FAGAのおもな特徴は、一般的な女性の薄毛の原因となる加齢や、ホルモンバランスなどのケースとは違い、比較的若い年齢でも起こる可能性があります。とくに、更年期の女性に多く見られる症状で、女性ホルモンが減少することで、相対的に男性ホルモンが多くなることが原因であると考えられています。しかし、女性の薄毛については、解明が始まったばかりで、まだまだ分からないことが多いというのが現状です。また、FAGAの薄毛は、男性型脱毛症(AGA)とは少し違って、生え際から後退しながら薄くなっていくわけではありません。FAGAの場合は、頭頂部や前頭部の髪の毛が薄くなってしまうという場合や、その脱毛状態(うぶ毛)が広範囲になっていくという特徴があります。また、分け目やつむじ部分の髪の毛が細くなり、地肌が見えるのが気になってくるというパターンもあります。徐々に進行していくと、頭頂部の薄毛が広範囲に広がっていき、ヘアサイクルが乱れはじめ、抜け毛、薄い部分が増えていくなどの特徴があります。FAGAのおもな原因としては、やはり男性型脱毛症(AGA)と同様に、男性ホルモンのバランスは大いに関係があるといえるでしょう。女性の体内にも、男性ホルモンであるテストステロンやジヒドロテストステロンが存在しており、体内で合成されて毛髪に影響を及ぼしているというメカニズムは男性となんら変わりありません。しかし、女性ホルモンの代表であるエストロゲンには毛髪を育てる働きがありますので、男性のような症状が出にくいといわれています。若い女性の場合には女性ホルモンの分泌なので、血中のテストステロンの濃度が少ないため、髪の毛への影響を感じませんが、加齢に伴いエストロゲンが減少してしまうと、男性ホルモンの影響によって、AGAが発症するメカニズムが起こりやすくなると言われています。また、加齢以外にもストレスや食生活の乱れ、過度のダイエットや飲酒、喫煙、生活習慣の乱れ、自律神経の乱れなども女性ホルモンが減少する原因となる場合がありますので、心当たりがある場合には注意しましょう。また、たとえ男性と同じAGAが原因での薄毛だからと言って、男性型脱毛症の育毛剤や内服やkを女性が使用することは、効果がないどころか禁忌とされていますので、絶対に使用をしてはいけません。必ず、専門のクリニックや医師などに相談をするようにしましょう。