agaにかかる費用は、確定申告のときに医療費として申告すれば、医療費控除が受けられることがあります。
とはいっても、agaにかかる費用全てが、医療費控除の対象となる訳ではなく、お医者さんの診察を受けて医薬品を処方してもらったり、治療を施してもらったりしたときに発生する費用だけが医療費控除の対象となります。
そのため、自分で市販されている育毛剤を選んで購入したとしても、その費用については医療費として申告しても認められないことになります。
agaを専門に診察するクリニックで処方されるaga治療薬の費用はもちろんのこと、ハーグ治療やメソセラピーなどの治療費についても医療費として認められるので、クリニックから発行される領収書はちゃんと保管しておく必要があります。
医療費控除が受けられるのは、医療費として認められる金額は年間に必ずしも十万円以上である場合ばかりではなく、所得を給与で得ている人で年収が三百十一万六千円未満の場合は医療費として認められる金額が十万円以下でも医療費控除が受けられる場合があります。
また所得を自営業などの収入で得ている人で、年収が二百万円未満の場合も医療費として認められる金額が十万円以下でも医療費控除が受けられる場合があります。
agaの治療に要する期間は長期に亘って定期的にある程度まとまった費用を負担する必要があるので、医療費控除が受けられると費用の負担が少しでも軽くすることが出来ます。