AGAの種類の中でも、頭皮がベタついたり脂っぽくなってしまう「脂漏性脱毛症」の症状を訴える方が、多くいらっしゃいます。脂漏性脱毛症とは、AGAの種類のひとつで、ホルモンバランスの乱れなどが原因で過剰に皮脂が分泌され、それらが毛穴を塞いでしまうことで、毛穴の周辺や毛根が炎症を起こしてしまい髪が抜ける脱毛症のことです。過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞いでしまい髪が抜けるというわけではなく、頭皮にもともとあった常在菌などが異常に繁殖してしまうので、毛根まで炎症を起こしてしまって髪が抜け落ちてしまうのです。皮脂を取り除いていくことは、育毛や発毛を促進させるためには、とても有効であるという言われていることもあり、脂漏性脱毛症はAGAの種類のひとつであり、それが抜け毛の原因であると指摘するクリニックが多くなっています。脂漏性脱毛症のおもな症状は、見た目にも分かるほど皮脂が毛穴を塞いでいて、皮脂を取り除くと毛穴が赤く炎症を起こしているという特徴があります。また、皮脂を取り除いても、また毛穴からすぐに皮脂が分泌されてきて、常に皮脂でベタベタしている状態となっています。これらの症状が継続していくと、次第にAGAの種類のひとつである脂漏性皮膚炎になります。症状がひどい場合には、毛穴が化膿したり、痛みやかゆみなどの症状ができる場合もあります。 そのような場合には、必ず自己判断ではなく、皮膚科やAGA治療専門のクリニックなどで診断を受けなければなりません。脂漏性脱毛症のおもな原因とされているのは、ホルモンの乱れや、不規則な生活習慣や、食習慣の乱れ、過剰なストレスといったものが非常に大きいと言われています。 おもな治療法として、頭皮の炎症と皮脂の過剰分泌が治まるまでは、極めて刺激の少ないシャンプーを使用し、優しく丁寧に皮脂を取り除き、頭皮の常在菌のバランスを保つ必要があります。また、ビタミンB群を多く含む、ホウレン草や魚介、豆類、卵などを積極的に摂るようにし、食物繊維をたくさん含んでいるイモやわかめ、キノコなどの野菜を中心とした食生活にすることも効果的です。また、脂質の多いアーモンドなどのナッツ類、スナック菓子、ラーメンや焼肉などは避けましょう。もちろん、タバコや過度のアルコール、コーヒーなどの刺激物、辛い食べ物や過度に甘い食べ物も頭皮にとっては良くありません。とくに、育毛生活を目指すのであれば、喫煙はご法度です。また、ジョギングや散歩などの適度な運動をすることで、ホルモンが分泌されやすくなったり、ストレスの解消にも繋がります。ジョギングの後には、頭皮を冷やさないように心掛けるために、毎日必ず入浴を行いリフレッシュしましょう。男性ホルモンがもっとも多く分泌されるといわれている夜10時から深夜2時の間は、しっかり睡眠を取るようにしましょう。このように生活を改善していくことで、AGAや脂漏性皮膚炎の状態は良くなっていくはずです。しかし、もしも、かゆみや痛みがひどい場合には、必ず皮膚科などの診断を受け、外用抗真菌剤や抗ヒスタミン剤などでの治療を受けましょう。