人間の体は毎日の食べ物で作られています。
ですから、髪の毛も食べる食材によって薄毛を予防することができるのです。
薄毛に良くきく食べ物をこれから10選紹介していきたいと思います。

ます一つ目が、納豆です。
髪の素となるタンパク質を多く含んでいて、大豆に含まれているイソフラボンは薄毛の原因となるテストステロンの分泌を抑えてくれます。

二つ目が、乳製品です。
タンパク質や、亜鉛、ビタミンBなどが入っていますが、その中でもビタミンBは頭皮の環境を良くしてくれるので、チーズや牛乳、ヨーグルトなど毎日摂取しやすい食べ物なので日ごろから食事に取り入れると良いですね。

三つ目が、いわしです。
いわしはとても栄養価が高く、乳製品と同様にタンパク質、亜鉛、ビタミンBが入っています。

四つ目が、レバーです。
レバーには、ビタミンB2が含まれており、皮脂の分泌を抑制する働きが有りますので、皮脂で頭皮がベトベトになっている方には特におすすめです。

五つ目が、牡蠣です。
牡蠣には亜鉛がたくさん含まれているのですが、亜鉛は髪の毛の生成にとても必要な栄養素なので、旬の時期には是非食べていただきたい食べ物の一つです。

六つ目が、緑黄色野菜です。
緑黄色野菜には、髪の毛に必要なビタミンがたくさん含まれているので、健康にも良いですし日々の食事に取り入れると薄毛にも健康にも利くので良いですね。

七つ目が、ナッツ類です。
ナッツには、髪の主な成分であるタンパク質がとても多く含まれていて、その他にもビタミンEがたくさん含まれています。
また、毛細血管を広げて血行を良くする作用があるので、健康思考な方にもおすすめです。

八つ目が、柑橘類です。
レモンやグレープフルーツなどの柑橘類には、ビタミンCが多く含まれています。
また、髪にハリやツヤを与えるコラーゲンの生成を助けてくれるので、髪にも良いですしお肌にもとても良い食材です。

九つ目が、焼きのりです。
焼きのりには、野菜や果物と同じくらいのビタミンCが含まれています。
また、頭皮の健康を保つ働きをするビタミンAや、新陳代謝を促すビタミンB2も含まれているので、薄毛対策にとても適した食材です。

最後に10こ目が、高野豆腐です。
高野豆腐には、薄毛の原因となる男性ホルモンの分泌を抑えるイソフラボンや、栄養を運ぶ血液が行き渡るよう促すビタミンEが含まれています。

これらの食材を毎日の食事に取り入れることによって、体の中から髪を健康にし、薄毛を予防できるでしょう。
健康にも薄毛にも良いので是非食べてほしい食材です。